店舗の回転率を上げたい

店舗の回転率を向上するために役立つ情報をまとめました。

回転率とは

回転率とひとくちでいっても、厳密には業種によって意味するところが異なるので注意が必要です。小売店の場合は、仕入れた商品が売れるまでにかかる時間をあらわす指標である「商品回転率」を意味します。商品回転率が良ければ、すなわちその商品が利益を生み出しているということになります。

次に、飲食店における回転率とは、店舗の座席数に対する来客者数を表す指標を意味します。ただし、来客者数が多ければ売上がよい、というわけではない点に注意が必要です。来客一人あたりが使うお金、つまり客単価が高ければ、回転率が低くても売り上げが下がるということにはならないからです。

回転率の計算方法

小売店

小売店の場合、回転率の計算式は次のようなものになります。

・年間商品売上高 ÷ 平均在庫高=回転率

ちなみに、平均在庫高については、次の計算式で求められます。

・(期首在庫高 + 期末在庫高)÷ 2=平均在庫高

例を挙げてみてみましょう。年間の売上高が1000万円で平均在庫高が500万円であった場合、回転率は1000万 ÷500万という計算で求められます。よって、回転数は2回となります。

飲食店

飲食店の場合、回転率の計算式は次のようなものになります。

・1日の来店者数 ÷ 座席数=回転率

そして、飲食店においては、小売店では不要である稼働率についても計算に入れなくてはなりません。例えば、混んでいるときなど、に2名の客を4名用の席にお通しせざるをえないケースもあります。このときの客席稼働率は50%となります。

回転率の上げ方

小売店

商品回転率を上げるための方法として、特におさえておきたいポイントは次の3つです。

【1】頻繁に回転率をチェック

できるかぎり高い頻度で在庫回転率をおこなうようにしましょう。詳細に把握するためにも、商品ごとの回転率を出すことが大切です。詳細なチェックを続ければ、検討しなおさなくてはならない商品や売るべきタイミングなどがわかるようになります。

【2】来客の目につきやすいところに陳列

在庫を売るためには商品を目立たせることも大切です。ポップでアピールするのもおすすめです。

【3】仕入れ数を調整

場合によっては仕入れ数を減らすほうがよい場合もあります。もちろん、品切れ状態になって機会損失を招くリスクもあるため、充分な検討は必要です。

飲食店

飲食店の回転率を上げるための工夫としては、次のようなものが挙げられます。

【1】料理提供および片付けをスピーディーにこなす

着席から料理を食べられる状態になるまで、トータルの待ち時間を極力短くするようにしましょう。注文の料理提供をスピーディーにおこなう必要がありますが、そのためには、入店時にあらかじめ注文を確認しておくのがおすすめ。着席に合わせたタイミングで調理をスタートさせられるのがメリットです。また、食べ終わった料理を素早く下げることも大切です。

【2】テーブルやイスの仕様を工夫する

店内には、できれば小さいテーブルと固くて高いイスを採用するのがおすすめです。あまりくつろげるイスを採用してしまうと、長居するパターンが増え、回転率に影響してしまう可能性があります。ただ、喫茶店などの場合はあまり座り心地のわるいイスはNGです。長居することが目的のひとつともいえる業種なので、リピート客が減ってしまうおそれがあるからです。

【3】テイクアウトに対応

テイクアウトであれば、店内の座席数などは関係ありません。オフィス街にある飲食店などの場合は、特にランチタイムのテイクアウトに対応すれば、新規顧客開拓の可能性も低くないはずです。

回転率の改善で必要なこと

適切な現状把握が大切です。例えば仕入れ数を再検討したり、スピーディーな商品提供や片付けを実施したりといった工夫を加えながら、作業効率の向上を実現することが回転率改善における基本的な軸となります。

とはいえ、そういった業務をこなしていくことは、人手不足が課題となっている小売業界・飲食業界においてはなかなか難しいことに挙げられます。まずは人手不足を解消するための策を講じる必要があると言えるでしょう。

自動精算機の導入で
回転率を向上

小売業界や飲食業界の大きな課題である人手不足に対応するために、自動精算機を導入するのもひとつの方法です。顧客データの管理・会計業務の効率化などに対応している自動精算機を導入すれば、スタッフの負担を軽減できるため離職率が減ります。結果として回転率改善のための業務に、より多くの時間や労力をあてられるようになるはずです。

業種に合わせたカスタマイズ機能をもつ
自動精算機会社3選

さまざまな自動精算機の販売会社の中から、店舗の「売上アップ」に寄与する機能に注目。
導入業種の豊富さと顧客満足度を高める機能に注目して導入業種が多く、連動機能が多い3社を紹介します。(2021年4月時点)

スターランド

業種・業態に合わせ機能を自由にカスタマイズ
連動機能 12種

カラオケ業界No1!POSシステムとの連動で施設を省力化

導入業種

  • カラオケ※実績NO1
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
  • 飲食店

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード

アルメックス

長い販売実績から蓄積したノウハウを搭載
連動機能 9種

クリニックの受付から精算、再来受付までトータルでサポート

導入業種

  • クリニック※導入実績多数
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

システムギア

目的別の精算機が2タイプ多彩なカラー数
連動機能 8種

スピードチェックインでホテルフロントの滞在時間を短縮

導入業種

  • ホテル※導入実績多数
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関

キャッシュレス決済

  • クレジットカード

※2021年4月時点 特化した機能と導入実績が多い順 各社公式サイトを参照 編集チーム調べ