飲食業界の人手不足

人手不足の原因

飲食業界は、労働環境に主な問題があるといわれています。厚生労働省「平成 30 年就労条件総合調査の概況」による年間休日総数の1企業平均では「宿泊業、飲食サービス業」は97.1日で各産業の中でも一番短いという結果でした。(※1)
「情報通信業」及び「学術研究,専門・技術サービス業」が 118.8 日ですから、21.7日もの差があります。(※1)飲食業界は一般企業と異なり、土日・祝祭日にこそ店に多く人が来るため、営業日になっていることがほとんどといえるでしょう。
また、多くのお店がシフト制勤務で不規則になりがちなうえに急なシフト変更を余儀なくされることもめずらしくありません。このことも人手不足を招いている原因と考えられます。
また、飲食業は「給与が少ない」「ストレスがたまる原因が多い」という点も人材不足の理由のひとつです。国税庁の「平成30年分民間給与実態統計調査結果」の業種別平均給与では「宿泊業・飲食サービス」が251万円で最も低いという結果が出ています。(※2)
雇用するお店側は客数に関係なく一定のスタッフが必要で、食材の仕入れやテナント料もかかります。利益率が高くないため、給与も低い傾向にあるのです。
接客も過剰なサービスやクレーム処理もあり、ストレスがかかりやすい労働環境です。この点も、人材不足になる原因のひとつでしょう。
※1 参照元:厚生労働省|平成30年就労条件総合調査の概況
※2 参照元:国税庁|平成30年分民間給与実態統計調査結果

解決方法

まず、スタッフが長期間定着しない問題については、福利厚生の充実を図ることを考えてみましょう。退職金の制度を設けたり、住宅手当の支給をはじめとする制度を設けることも良いでしょう。飲食店ではまず見かけない制度ですが、企業によっては夏休み、冬休みといったように長期の休みを設ける制度もあるようです。
家族で働いている方や共働きの方の場合は、給料に手当てをつけることもあります。
もう一つが、人材が足りない間だけ働いてもらう短期アルバイトです。1~2時間と隙間のちょっとした時間だけでも働きたいという方に向けて、その間だけ対応してもらうといった働き方も増えています。
人材不足解消のため、自動精算機といった無人の精算機器を導入するのも一つの手でしょう。金銭を扱う場所を自動精算機に置き換えることで、その分の人出が他に回せます。その他自動化できる部分に機器を導入することで、より人手不足の解消につなげられるでしょう。

業種に合わせたカスタマイズ機能をもつ
自動精算機会社3選

さまざまな自動精算機の販売会社の中から、店舗の「売上アップ」に寄与する機能に注目。
導入業種の豊富さと顧客満足度を高める機能に注目して導入業種が多く、連動機能が多い3社を紹介します。(2021年4月時点)

スターランド

業種・業態に合わせ機能を自由にカスタマイズ
連動機能 12種

カラオケ業界No1!POSシステムとの連動で施設を省力化

導入業種

  • カラオケ※実績NO1
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
  • 飲食店

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード

アルメックス

長い販売実績から蓄積したノウハウを搭載
連動機能 9種

クリニックの受付から精算、再来受付までトータルでサポート

導入業種

  • クリニック※導入実績多数
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

システムギア

目的別の精算機が2タイプ多彩なカラー数
連動機能 8種

スピードチェックインでホテルフロントの滞在時間を短縮

導入業種

  • ホテル※導入実績多数
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関

キャッシュレス決済

  • クレジットカード

※2021年4月時点 特化した機能と導入実績が多い順 各社公式サイトを参照 編集チーム調べ