メインビジュアル

自動精算機を選ぶなら
業種との相性を重視しよう

省力化に大きく貢献する自動精算機は、多額の費用が掛かるからこそ業種に合ったものを慎重に選んでいく必要があります。そこで、多くの業種・業態に対応しており、店舗に合わせてカスタマイズできる機能性を持った自動精算機の会社を厳選しました。あなたのお店に合う自動精算機を見付けていきましょう。

メインビジュアル

幅広い業種
特化した機能をもつ
自動精算機会社3選

さまざまな自動精算機の販売会社の中から、店舗の「売上アップ」に寄与する機能に注目。
導入業種の豊富さと顧客満足度を高める機能に注目して導入業種が多く、連動機能が多い3社を紹介します。(2021年4月時点)

スターランド

あらゆる業種・業態に対応
省力化を強力サポート

導入業種 9
連動機能 12

カラオケ業界No1!POSシステムとの連動で施設を省力化

導入業種

  • カラオケ※実績NO1
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
  • 飲食店

対応するキャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード

アルメックス

長い販売実績から蓄積した
ノウハウを搭載

導入業種 7
連動機能 9

クリニックの受付から精算、再来受付までトータルでサポート

導入業種

  • クリニック※導入実績多数
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場

対応するキャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

システムギア

目的別の精算機が2種
多彩なカラー数

導入業種 7
連動機能 8

スピードチェックインでホテルフロントの滞在時間を短縮

導入業種

  • ホテル※導入実績多数
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関

対応するキャッシュレス決済

  • クレジットカード
※2021年4月時点 特化した機能と導入実績が多い順。各社公式サイトを参照 編集チーム調べ

自動精算機を選ぶ時に見るべきポイント

自動精算機は、種類が豊富でそれぞれ特長が違うため、選び方に注意しないと思うような導入効果が得られません。注目するべきポイントをまとめました。

導入業種

必ずチェックしたいのは、導入を検討している会社の業種に対応した機能が備わっているかという点。同一機種で業種に合わせて機能をカスタマイズしていくタイプのものもあれば、開発段階から業種を絞って専用機を提供しているメーカーもあります。できれば過去の導入事例なども確認しておくことをおすすめします。

機能数

リストバンド決済や会員登録、入退場ゲートとの連動など、機能が豊富な自動精算機を導入すれば、あらゆる顧客のニーズに対応できます。操作や画面デザインのカスタマイズができる自動精算機も存在します。自分の店舗の利用者が分かり易く、使いやすいものになっているのかを確認しましょう。また、売上管理機能が搭載されているものならば、POSシステムが不要でより効率化につながります。

豊富な決済

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など利用者の多様なニーズに対応できれば利便性をアピールでき、リピーター獲得につながります。より多くの決済手段に対応している自動精算機を選びましょう。キャッシュレス化は、今後ますます進むことが予想され、新しい決済方法に対応できれば現金受け渡しのトラブルや不正の防止にも効果的です。

詳細データでわかる自動精算機おすすめ会社の実力

さまざまな業種に特化しており、機能数も豊富な自動精算機会社3社を厳選して紹介します。取り扱っている自動精算機の特徴や、対応業種の事例をまとめましたので業者選びの参考にしてください。

幅広い業種・業態に対応し
自動化・省力化を実現
スターランド_HPキャプチャ

スターランド

あらゆる業種に対応し、希望に応じて連動機能をカスタマイズできる自動精算機を提供。POSシステムである「スーパースター」はカラオケ業界の納入実績No.1。自動精算機と連動し、省力化と戦略的な顧客管理を実現しています。釣銭機を内蔵する一体型、POSと自動釣銭機を組み合わせる分離型があり、POSシステムとの連携を基本仕様としています。窓口の業務効率化に加え、スムーズな売上管理が可能で、クレジット、電子マネー、QRコード決済などのキャッシュレス決済に対応しています。

導入業種9

  • カラオケ
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
カラオケ業種での実績No1
さまざまな業種のフロントを無人化

スターランドの自動精算機はカラオケ業種での実績No1※。業種に合わせてフレキシブルなシステム設計が可能です。滞在時間に応じた料金計算と自動精算で自動化。カラオケ店であれば料金の形態も時間制、フリータイム、パック料金と料金のプランに合わせた設定と入室状況も一目でわかります。時間計算以外にもセルフオーダーや分割会計にも対応しているため、温浴施設や飲食業はもちろん、ホテル、各種アミューズメント施設や駐車場まで対応業種が非常に多いのが特徴です。業態の違いに関わらずフロント業務を効率化します。

※2021年4月時点 編集チーム調べ
カラオケ店での活用事例

引用元:スターランド公式HP
https://www.starland.co.jp/pg192.html

自動精算機導入により、セルフ方式のお店という新しい業態を実現します。利用客はフロントでQRコード付きのルームカードを預かりカラオケを楽しんだ後、退店時に自動精算機にQRコードをかざせば精算終了です。入退場ゲートとの連動でフロント業務を無人化。シンプルで使い勝手がよく、POSシステムと連携すれば顧客の分析と売上管理が可能になります。

温浴施設での活用事例

引用元:スターランド公式HP
https://www.starland.co.jp/seihin05.html

リストバンドを財布代わりにして、館内のキャッシュレス化が可能。飲食やマッサージなどのサービスを利用する際に、リストバンドへ読み込ませることで、料金の精算は退館時に一括会計で済みます。入退場ゲートやセルフオーダー端末と連動可能で、自動精算機1台で大幅な省力化ができるでしょう。

アミューズメント施設での活用事例

カラオケ店などのアミューズメント施設で多数導入実績がありますが、滞在時間に応じて部屋料金を計算してくれるPOSシステムと自動精算機の連動が可能なので、会計作業がスムーズに。精算だけではなく、入店時の受付も自身で人数や部屋、利用コースの選択ができますし、会員カードにも対応可能なので、よりスピーディーに受付ができます。

連動機能12

  • 入退場ゲート
  • 会員管理
  • ポイント管理
  • セルフオーダー
  • POS
  • リストバンド
  • 割引券
  • セルフ入店
  • デザイン変更
  • 多言語対応
  • 複数人会計
  • 1円・5円玉対応
カラオケ業種で導入No1
対応する機能が豊富な店舗総合システム

業種ごとの要望に応じて、機能をカスタマイズできるので、必要な機能のみを搭載し、使わない機能に多額の費用を払う心配もありません。精算機としての機能が多いだけでなく、POS機能を搭載し売上管理もできるので自動精算だけでなく店舗運営の総合システムとして使えます。

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー(※)
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード決済
  • ※ 各種交通系ICカード、iD、QUICPay、楽天Edy、WAON、nanaco

現金だけでなくプリペイド型の電子マネーや急激にシェアを伸ばしているQRコード決済、インバウンド需要を見込んだキャッシュレス決済も数多く対応。現金決済よりスピードアップして会計時の待ち時間を短縮できます。銀聯カードにも対応してるから、増加している中国人観光客にも利用しやすく、売上アップを目指せるでしょう。

基本情報

社名 株式会社スターランド 住所 静岡県藤枝市青木3-14-1
40年近い開発・販売実績と
高い信頼性が強み
アルメックス_HPキャプチャ

アルメックス

1983年に小規模ホテル用自動精算機システムを開発して以来40年の販売実績を誇り、現在ではホテル以外にもクリニックや飲食関連施設まで幅広く対応。高い信頼性で業種ごとに適切な機器を選び、満足度の高いシステムを構築します。また関連する周辺機器やサービスが充実しており連携して相乗効果を生んでいます。

導入業種7

  • クリニック
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場
医療業界シェアナンバー1
クリニックの窓口業務を効率化

実績もあり最も力を入れているのはクリニック向けの自動精算機です。クリニックにおける自動精算機の業界シェアはナンバー1。窓口業務を効率化するためのソリューションをトータルで提供。病院専用の医療費自動精算機となっており、診察券やバーコードを使用して患者の認識ができ、スピーディな支払いをサポート。また、同社では周辺システムの開発も手がけており、再来受付や案内表示システムとの連動も可能となっています。ゴルフやカラオケなどのレジャー施設にも対応していますが、多言語対応やマルチメディアコンテンツなどサブシステムで売上アップも狙えます。

クリニックでの活用事例

クリニック向けの自動精算機ではサーモカメラが搭載されており、外来の患者、面会者の熱をチェックし、トリアージすることや顔登録で会員登録と電子カルテへの送信や可能です。患者の付添人(親族、ヘルパーなど)を登録し、再来受付を本人以外に代行で受け付けることもできます。各種クレジットにも対応、モノクロレーザープリンタ機能による領収書や明細書の発行、ICチップリーダーによる免許証の読み取りまで可能です。

飲食店の活用事例

自動精算機以外にセルフオーダー端末、従業員用管理タブレット、オペレーションなどが表示されるキッチンモニタも導入することで完全フルオーダーの飲食店舗とスタッフ管理を同時に実現。運用コスト削減とスタッフ教育の負担も軽減します。

ホテルでの活用事例

ホテルのフロント業務に特化した自動精算機によりチェクインから精算、領収書発行、チェックアウトまでサポート。パスポート読み取りや電子宿泊者名簿搭載により、人を介さずにチェックインできます。多言語対応でクレジットカードやQRコード決済などキャッシュレス決済で支払・チェックアウトもスピーディーにできます。

連動機能9

  • 入退場ゲート
  • 会員管理
  • ポイント管理
  • セルフオーダー
  • リストバンド
  • セルフ入店
  • デザイン変更
  • 多言語対応
  • 1円・5円玉対応
業種ごとの専用機なので
機能に無駄がない

業種に合わせた自動精算の専用機を用意しており、連動機能も機種ごとに異なります。対象業種に特化した専用機のため、無駄な機能は搭載されていません。POSなど売上管理システムと連携させることで業務効率がさらにアップします。

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 交通系ICカード(※)
  • QRコード決済
  • ※ Suica、PASMO、ICOCA

クレジットカードはもちろん、国内で利用率が高い交通系ICカード、2種類の中国QRコード決済にも対応するなど、海外観光客ニーズにも対応。ホテル専用機ではパスポート読込みもできるのでセルフでも方式でも安心です。

基本情報

社名 株式会社アルメックス 住所 東京都品川区上大崎三丁目1-1 目黒セントラルスクエア
汎用性の高い2機種で
充実のサポートで安心
システムギア_HPキャプチャ

システムギア

ハードウェアメーカーとして40年以上の歴史があり、自動精算機は汎用性の高い2タイプをメインに展開しています。どちらも操作部と決済部に分かれた縦型デザインでカラーバリエーションは500以上、バーコードやQRコードリーダーも搭載可能です。定期点検やオンサイト保守、リモート保守など充実サポートで安心です。

導入業種7

  • ホテル
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関
自動チェックイン機能でホテルスタッフの業務負担を軽減

システムギアの自動精算機は温浴施設やフィットネスクラブ、ゴルフ場、ビジネスホテルなどさまざまな業態に合わられますが、2タイプの中の1つはホテル向けの自動精算機を提供。同社のシステムでは「スピードチェックイン機能」を備えており、お客様がフロントに滞在する時間を短縮することも可能です。QRコードまたは顔認証による「fastチェックイン・fastチェックアウト機能」との連動にも対応しており、顧客はサインレスのチェックインで、ホテルスタッフは業務負担を大きく減らすことが可能です。ハードウェアの設計もできるので今後は対応業種が増える可能性があります。現金での支払いはもちろん、カードや電子マネー、コード決済など多彩な支払い方法に対応しているので、チェックアウトの列に並ぶことなく、ストレスフリーでスムーズな精算に繋げられます。人為的なミスも発生しないため、厳正な現金処理が可能に。また、離れた場所からでもエラーや釣り銭切れの状態を確認できるため、素早く対応できます。

ホテルでの活用事例

自動チェックイン精算機により混雑時のチェックイン・精算・チェックアウトが効率よく行われます。またICカードを利用したセキュリティシステムで女性専用フロアの安心・安全も確保します。多言語対応の自動精算機なので外国人観光客も操作に迷うことなく利用が可能で、フロント業務の負担を大幅に軽減できます。

ゴルフ場での活用事例

ゴルフ場に必要とされる機能をすべて搭載することでフロント業務の省力化・効率化ができます。プレイ料金を精算するだけでなく、場内の貴重品ボックス、自販機、コース売店などの施設とも連携し利用時間内はキャッシュレスで移動できます。精算は現金だけでなくクレジットカード決済にも対応しストレス無く会計ができます。

フィットネスクラブでの活用事例

自動精算機を導入することで、スマホなどで顧客があらかじめ連動させた会員システムを用いて、顧客一人ひとりに合ったサービスの提供が可能に。フロント業務での会員情報を探し出す工数や精算が簡略化できます。精算状況や利用サービスに合わせた、別のサービスのインフォメーションも導入可能。タッチパネル式の自動精算機導入により、会員証の読み取りもスムーズになります。

連動機能8

  • 入退場ゲート
  • 会員管理
  • ポイント管理
  • リストバンド
  • セルフ入店
  • デザイン変更
  • 多言語対応
  • 1円・5円玉対応
機器連動によりシステムソリューションが完成

精算機のみに注目すると機能が少ないように感じますが、業種ごとの要望に合わせて便利な機能や周辺機器を増設できるため、一つのシステムソリューションとして完成します。機器連動のしやすさが注目ポイントです。

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 交通系電子マネー(※)
  • ※ SUICA、PASMOなど

システムギアの自動精算機は現金決済をベースに開発されています。そのためクレジットカードや電子マネー決済については対応可能ですがオプションになります。利便性を高めるにはオプション申込が必須となります。

基本情報

社名 システムギア株式会社 住所 大阪市西区江戸堀1-9-14 システムギア大阪ビル

導入前後のコストの違い

自動精算機の必要性を感じても導入コストを考えると本当にメリットがあるのか気になるところです。そこで導入によってフロント人員が削減できたと仮定して、導入前と導入後5年間の運用費の差をまとめてみました。

【導入前】
フロント人員 4名体制のコスト

PC-POSレジ4台各1名を配置してフロント人員体制の場合のコストです。POSレジ1台が約100万円として4台で400万円です、人件費と運用コストで年間350万円/人として4人で1,400万円。合計すると初年度は1,800万円ですが、次年度以降は1,400万円/年。5年間合計で約7,400万円です。

【導入後】
フロント人員2名+自動精算機2台体制のコスト

自動精算機2台導入でPC-POSレジ2台・人員2名体制とします。自動精算機が2台で500万円。PC-POSレジ2台200万円との連携や周辺機器が500万円とすると導入コストは1,200万円でこれに2名分運用費700万円を加え1,900万円。次年度以降は700万円/年となり5年合計で約4,700万円です。

まとめ

5年間で2700万円のコストダウンも現実的に

自動精算機の導入初年度は初期コストがかかりますが、2名分の人員削減ができることで年間の運用コストが1,400万円から700万円と半分になります。5年間で約2,700万円のコストダウンとなりますので、初期導入コスト分はすぐに取り戻せます。したがって長期的に見た場合、自動精算機を導入した方がコストメリットが良いと言えるでしょう。

自動精算機導入のメリット

自動精算機とは店舗や施設などで発生した料金を、人を介さず支払いを可能にする機械のことで、前払いではなく後払い方式のものを指します。導入するお店が増加していますがここではそのメリットについて解説します。

人件費の軽減

商業施設でフロントや窓口業務があるところは人件費割合が高く、利益を確保のためには人件費削減が課題となりますが、自動精算機の導入はこの課題解決に大きく貢献します。

料金の支払いはお金に関わるためスタッフは慎重になりますし時間もかかります。これを自動精算機に任せることで人件費を抑えられます。

顧客満足度UP

自動精算機では、支払手続きをセルフ方式で機械が処理します。スタッフがレジ打ちするよりもスピードは早くなりますし、計算ミスなどの心配もありません。

最近は現金以外にもクレジットカードやICカード、QRコードなどキャッシュレス決済が増えてきましたが自動精算機なら素早く対応できるので顧客満足度がアップします。

業務効率向上

自動精算機は単体よりも、POSシステムや入退場ゲートなどと連携して動作するケースがほとんどです。そのため精算業務だけでなく、これまで人が手間をかけて対応していた業務が軽減されることが多くなります。

また即座に売上管理ができたり、接客サービスなどに人員を充てられるため業務効率アップが期待できます。

自動精算機の需要

昨今、様々な店舗での導入が進んでいる自動精算機。
社会の流れから見た自動精算機の高まる需要について紹介しています。

感染症対策

レジにおける対応が感染症の拡大に伴い、変化しています。スーパーやコンビニではお客様と極力接触することがないよう、飛沫感染防止対策が取られています。その対策の一つとして自動精算機の導入があり、現金やクレジットカードの授受を直接接触せずに行えると評判です。スタッフがお金に触れないことで、効率的に感染症対策ができるのです。

グローバルインバウンドへの対応

日本に訪れる外国人観光客の数は年々増加の一途を辿っています。訪日外国人が増えているのに対し、マルチリンガルに語学を操れるスタッフが不足しているのが現状であり、外国人と円滑にコミュニケーションをとることが課題とされてきました。自動精算機はさまざまな言語に対応しているので、自動精算機を導入すれば、語学に対応できるスタッフを探さなくても課題を解決することが可能です。

人手不足の改善

自動精算機の導入は人手不足を改善する効果があります。レジ1台につき複数の精算機を置くことができるので、レジ業務の効率がぐっと上がるのです。また、釣り銭管理やレジ閉めの業務の作業も簡単なので、スタッフにかかる負担軽減にも繋がります。レジ研修にかかる時間も短縮されるなど、メリットがたくさんです。

自動精算機の概要まとめ

店舗の人手不足改善や、業務効率化として開発された、料金支払いを自動化する機械・システムのことです。ホテルや医療機関、飲食、アミューズメント施設などさまざまな業種で利用されています。現金だけでなくICカードなどのキャッシュレス決済にも対応します。

いくつかのタイプがあり、組み合わせによっては数百万円になることも。実際の価格相場を調査してみました。

POS連動型やセミセルフレジ、自動釣銭機などさまざまある自動で精算できる機器の特徴について解説します。

軽減税率補助金やIT補助金など、自動精算機の導入費負担に役立つ補助制度について、調査し内容をまとめました。

自動精算機会社一覧

全国の自動精算機を、製造・販売している会社をリサーチ。その中で、実績豊富で導入先からの評価も高いところをリストアップしました。それぞれ特徴がありますので、違いを把握し依頼業者を選ぶ際の参考にしてください。

POSシステム連携を基本とした自動精算機を提供。対応業種が多く、要望に応じて機能をカスタマイズできます。
2タイプの自動精算機を提供。汎用性が高く、さまざまな業態に対応でき、使いやすさを意識したデザインです。
業種ごとに異なるタイプの自動精算機を提供。関連する周辺機器や、サービスが充実していて機能も豊富です。
流通業向けに、豊富なラインナップのセルフレジを開発。省スペースタイプを主力として、商品登録もスムーズです。
業態に応じて、使いやすさを重視したユニバーサルデザインの自動精算機を提供し、対応する決済方法も多いです。
カスタマイズ性が高く、幅広く使える自動精算機を製造。入退場ゲートやキャッシュレス決済にも対応します。
温浴施設向けの、下足キーを使った自動精算機システムを得意とし、基幹システムやゲートシステムとも連携します。
SPAや温浴施設に、ターゲットを絞った自動精算システムがメインで、ロッカーキーでキャッシュレス化します。
業界最薄クラスの自動精算機を開発。マニュアルなしでもメンテンスが簡単で、自由度の高い設計仕様が強みです。
初めてでも直観的に使えるセルフレジを提供。オプション機能が充実しており、売上管理や顧客管理も可能です。
キャッシュレジスターのノウハウを生かして、コンパクト設計で使いやすいセルフレジを製造・販売しています。
利用シーンに応じて、カスタマイズ可能な自動精算機で優れた実績を誇り、インバウンド需要にも柔軟対応します。
業種別に、豊富なラインナップの自動精算機を提供。AI認識やキャッシュレス決済など、先端技術を採用します。
医療施設の、窓口会計を効率化する自動精算機を開発。コンパクトサイズながら、機能充実で明細書も発券します。
特別なスキルを必要としない、簡単操作が魅力のオーミケンシの自動精算機。医療現場へ数多くシステムを提供しています。一瞬で精算が完了するシステムは、窓口業務の効率を格段に上げてくれます。
ハイパーソフトは、低価格で使用できる自動精算機を独自開発。使用時にかかるコストを抑えられるだけでなく、POSデータとも連携できるため、サロンを経営している方におすすめなシステムとなっています。
クリニック向けの自動受付精算機を販売しているオムロン。電子カルテなどのデータを精算機とリンクさせ、簡単に受付や精算が行えるようにしました。
創業48年という年数を誇る日本ラッドは、長年培ってきたノウハウを活かし、セキュリティの高さと効率の良さを備えた自動精算機を生産しています。現金以外にもあらゆる支払い方法に対応している点も魅力の一つです。
「One for all , ALL for one」をコンセプトに据えているALL株式会社。固定概念に捕らわれない、ITを軸にした新しいシステムの構築を手掛けています。顧客管理に優れている次世代型の自動精算機は、主に美容業界を中心に導入されています。
レジの周辺機を専門に取り扱っているメディア九州。自動精算機だけでなく、バーコードリーダーなど、さまざまな周辺機器を製造しています。
システムウェーブは現金と電子マネーの双方に対応した薄型の自動精算機を提供しています。充実したサポートと柔軟に対応できるシステム体制が魅力です。
ローレルバンクマシンは、店舗の規模や運用している形態に合わせて、使いやすい設定に変えられるようシステムを設計しています。効率良く売上金を一括管理できるシステムが、ローレルバンクマシンが提供している自動精算機の特徴です。
旅館やホテルなど、宿泊施設への導入におすすめな自動精算機を提供しています。会計操作を行うだけでなく、お客さんの予定管理や要望のメモなど、多彩な機能の搭載が特徴です。
既存のシステムと連動させられる自動チェックイン機を提案。フロント業務の効率を上げることで、スマートな働き方を支援しています。
お客さんに満足してもらえるような質の高い製品づくりに徹しているパスカル。パスカルの自動精算機は汎用性が高く、宿泊施設から飲食店など、さまざまな商業施設で利用できることが特徴です。
カラオケボックスや飲食店、ネットカフェ、サウナ、カプセルホテルなど、さまざまな業種で活躍する自動精算機を展開しています。
飲食業を中心としたシーンで活躍する自動精算機・システムを開発しています。コンパクトなつくりで、店舗スペースに合わせて機器を選択できます。
高い機能性に加えて、多くの人にとって使いやすい構造も重視して設計。駅へのの自動券売機・自動精算機の導入実績が豊富です。

【業界別】人手不足の
原因と対策

少子高齢化が進む中で、大企業・中小企業を問わず、労働者不足が深刻化しています。働き手が少なくなっているのはどのような業界が多いのでしょうか。理由として考えられることや、現状を明らかにして、有効な対策方法についての調査結果をまとめました。

宿泊・飲食サービス業の利用者数は、外国人観光客の増加により年々増えております。温浴業界としては、フロント業務の対応に追われ仕事が回らずにパンクしてしまう構図が予想されるでしょう。人手不足の原因と対策を紹介しています。

カラオケやコンビニエンスストアなどの、サービス業では24時間営業体制を取る店舗も少なくありません。人材確保ができていないにもかかわらず、店舗責任者が一人で長時間労働を行っているような店舗もあります。人手不足の原因と対策を紹介しています。

少子高齢化が進み、医療従事者の需要が高まる一方で、多くの病院が人手不足に悩んでいます。常に命に関わる状況に置かれている医療現場において、複数の患者を一人の看護師で見るのは不可能です。看護師の労働環境を圧迫しているのが業務量の多さであり、患者さんをサポートしたり診療のサポートをしたりするだけでなく、事務作業などあらゆる業務を兼任しなくてはなりません。医療現場における人材不足の原因と対策について解説します。

労働環境に問題があり、各業界の中で最も休日総数が少ないと言われている飲食業界。シフト制勤務を導入している企業が多いことも人手不足を引き起こしている原因の一つです。また、他にも給与が少なかったりストレスが多かったりなど、サービス業ならではの悩みを抱えています。自動精算機を導入して飲食業界の人手不足を解決する方法を紹介します。

外国人労働者を積極的に採用しても人員が不足しているコンビニ業界。人手不足により、24時間営業という営業スタイルまでもが窮地に立たされています。その主な原因には、レジ業務の他にもチケットの予約や販売、郵便関係の業務など、幅広く膨大な仕事量が関係しています。そのような現状を解決するために、自動精算機やセルフレジを導入し、省人化による営業が重視されています。コンビニ業界の人手不足の原因と対策を紹介します。

【業種別】自動精算機の活用術

自動精算機は幅広い業種に浸透しつつあり、利用者の認知度も高まってきています。そこで導入によってどのようなメリットがあるのか業種別に紹介します。また実際の事例から活用方法について解説していきます。

フロント業務の負担が軽減し省力化できます。売上・顧客管理と連動させ、マーケティングツールにもなります。
共通チケットや、リストバンドで利用者の施設内移動が楽になります。一括管理が可能となり人員削減が可能です。
フロント業務を効率化して、場合によっては無人化も実現します。決済方法も幅広く対応でき、計算ミスも防げます。
ゲート連動などで入退店もセルフ化し、女性一人でも利用しやすくなります。業務効率化と省人化ができます。
フロント業務の負担が軽減されて、精算がスムースにできます。チェックインセルフ方式で人員も減らせます。
医療施設の窓口業務が効率化し、患者の会計待ち時間が短縮。会計処理もスムーズにできるようになります。
オーダーシステムと連携させると、スタッフの人員を必要最低限に抑えられます。利用客は会計が楽にできます。
駐車場運営の無人化が実現され、24時間365日の運営が可能に。ロック式やゲート式など、土地やスペースに合わせて最適化された機器を導入できます。
時間経過による課金制や男性・女性ごとで料金体系が変わるなど、複雑な料金システムになっていることがあるナイトクラブ。自動精算機導入による業務効率化や導入事例について紹介しています。
      

自動精算機と連動してこんなこともできる

自動機は料金を徴収するだけでなく、関連する設備・機器や、システムと連動させることでさらに効率アップしたり、利便性を高めたりします。そこで代表的なものをピックアップし、それぞれの特徴や組み合わせることで得られるプラスの効果について紹介します。

発券した入場カードや精算したレシートをかざすことでゲートの開閉を行い、施設の入退場が可能になります。
会員登録や顧客情報管理システムと連携して利用状況を分析し、マーケティングデータとして活用できます。
ポイントを利用料金に充当できるようになり、施設や店舗の利用率アップや顧客囲い込みに役立てられます。
ホテルやスポーツ施設などでカードキーなどを発行しチェックインしたり精算してチェックアウトができます。
飲食店などでタッチパネル式の端末から注文して退店する際に自動精算機で一括支払いをすることができます。
温浴施設などでリストバンドを財布代わりに館内サービスを利用し、退館時に自動精算機で会計ができます。
POSレジと連携させることでリアルタイムの売上管理ができ顧客情報と共に経営データとして活用できます。