店舗業務の効率化

業務効率化は、店舗運営における特に大きな課題の一つ。こちらでは、業務効率化を実現するためのポイントを中心に解説しています。「たくさんの課題があるものの、どこから着手すべきか分からない」といった悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

接客業は人手不足

慢性的な人手不足のなか、従業員に対する充分な教育をするゆとりがない、といった状況下なる接客業の店舗も多いかもしれません。職場環境に不満を感じて辞めていく従業員が多いと、ただでさえ時間やゆとりが不足している店舗運営を改善することはさらに難しくなるでしょう。

この状態は、言わば負のスパイラルに突入してしまっている状況です。より健全な店舗運営を目指すためにはどのような方法があるのでしょうか。

業務効率化できるポイントの見つけ方

業務効率を向上させるための対策を講じるにあたって、「ECRS(イクルス)の原則」が役に立つでしょう。ECRSとは、業務改善を実現するために求められる考え方を時系列に英単語で4つ並べ、その頭文字を合わせた表現です。
それぞれ、「Eliminate:排除/Combine:結合と分離/Rearrange:入替えと代替/Simplify:簡素化」の意味を持つ単語の並びから構成されています。

ECRSの原則は、もともとは製造業の生産性向上を実現するために生まれた考え方です。内容はつぎのとおりです。

  • Eliminate:排除
  • 特に顧客満足度などの観点において支障が生じない作業を業務から排除してしまうという考え方です。過剰なサービスや定時報告、資料作成など、見直してみると実は無駄だった作業が見つかることがあります。それらの作業を排除し、本当に必要な作業に割く時間や労力を確保するのです。

  • Combine:結合と分離
  • 次に行うべきは、性質が似ている業務を一つにしたり、あるいは「これまでまとめて扱っていたけれども、性質が異なる複数の業務」があれば、それらを分離していくことです。たとえば、商品を補充する作業と陳列作業をばらばらに行うことが効率を低下させているのであれば、それらを「結合」するようにします。

  • Rearrange:入替えと代替
  • 作業プロセスを見直し、作業を行う順番を入れ替えることで効率化を目指します。

  • Simplify:簡素化
  • 最後に、作業プロセスを簡素化。つまり、もっとシンプルに作業を行えないか、といった点について検討します。たとえば、情報のシェアをオンライン化することで、簡素化が可能になる場合などもあります。

ツール活用で業務効率化

売上管理や勤怠管理などに関しては、ツールも活用していくことで人的工数の削減につなげられることがあります。ちなみに、ここで言う「ツール」とは、店舗管理システムと呼ばれるデジタルツールのこと。さまざまな管理作業をシステムと連携することで、複数店舗の管理業務の標準化が可能になります。また、在庫除法や売上をリアルタイムで確認できるため、今後の売上アップのための戦略にもつなげやすくなるでしょう。

さらに、ツール導入は勤怠管理の効率化にもつながります。アナログな方法で集計作業やシフト作成をしていると、その煩雑さからかなりの手間がかかるだけでなく、ミスも発生しやすくなります。店舗管理システムを用いることで、そのような問題点も解決できるようになります。

自動精算機が叶える業務効率化

接客業務の効率化において注目したいのが、「自動精算機」の導入。自動精算機がもたらす業務効率化のポイントについて見ていきましょう。

精算業務の効率化

近頃は、現金だけでなくクレジットカードや電子マネーを用いた決済方法も一般的になっています。さまざまな決済手段に対応している自動精算機があれば、よりスピーディーな精算業務が可能になるでしょう。また、会計の待ち時間が少なくなるため、お客さんにとってもメリットが。店舗とお客さん、どちらにとってもメリットが生まれるため、単なる業務の効率化には留まらない魅力があります。

従業員教育の効率化

自動精算機があれば、お客さんは自分で会計処理を済ませられるようになるため、精算業務にかける人手を削減できます。よって、これまでかかっていたレクチャーなどの教育にかかる時間も削減でき、従業員教育の効率化が期待できます。

業務効率化によってさまざまな課題を改善

業務効率化を実現することで、店舗運営において時間的なゆとりが生まれます。その分を接客の充実やサービスの質向上に充てられるようになるため、結果的に顧客満足度アップにつなげることが可能になるのです。業務効率化は、単に店舗側の負担を減らすだけでなく、来店するお客さんにとっても良い方向に作用します。双方にとってのメリットを生み出すことからも、店舗運営のなかでも特に意識したい課題だと言えるでしょう。

業種に合わせたカスタマイズ機能をもつ
自動精算機会社3選

さまざまな自動精算機の販売会社の中から、店舗の「売上アップ」に寄与する機能に注目。
導入業種の豊富さと顧客満足度を高める機能に注目して導入業種が多く、連動機能が多い3社を紹介します。(2021年4月時点)

スターランド

業種・業態に合わせ機能を自由にカスタマイズ
連動機能 12種

カラオケ業界No1!POSシステムとの連動で施設を省力化

導入業種

  • カラオケ※実績NO1
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
  • 飲食店

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード

アルメックス

長い販売実績から蓄積したノウハウを搭載
連動機能 9種

クリニックの受付から精算、再来受付までトータルでサポート

導入業種

  • クリニック※導入実績多数
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

システムギア

目的別の精算機が2タイプ多彩なカラー数
連動機能 8種

スピードチェックインでホテルフロントの滞在時間を短縮

導入業種

  • ホテル※導入実績多数
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関

キャッシュレス決済

  • クレジットカード

※2021年4月時点 特化した機能と導入実績が多い順 各社公式サイトを参照 編集チーム調べ