自動精算機で使える決済方法

自動精算機を導入するときに注目したいポイントが、使用可能な決済方法。現金はもちろん、クレジットカードや電子マネーなど、現代社会における決済方法は多岐にわたります。
昨今はキャッシュレス決済が進み、キャッシュレス決済に対応しているかどうかは、消費者にとっても利便性への影響、ひいては店舗への評価にもつながっていくことも考えられます。

ここでは、自動精算機の決済方法について紹介。お客さんにとってのメリット、店舗側にとってのメリットについても併せて紹介していきます。

現金決済

現金決済は一番オーソドックスな決済方法。クレジットカードをまだ持っていない未成年でも問題なく使用できるため、より多くの人に対応できる決済方法だと言えます。
「クレジットカードは使いすぎる可能性があるから…」と、今なお現金決済にこだわる層もいるため、キャッシュレス化が進む現代と言えど、無くすことはできない決済方法でしょう。

現金決済のデメリット

広く一般的な決済方法である現金決済ですが、デメリットもいくつか存在しています。
お客さん側、店舗側に分けて見ていきましょう。

【お客さん側のデメリット】手持ちがない

普段からクレジットカードや電子マネー、QRコードなどを主な支払い方法として利用しているお客さんの場合、現金の手持ちがないといったケースも起こり得ます。一緒に来ていた友人や同僚から現金を借りたり、立て替えてもらったりできればいいですが、一人で来ていた場合には、わざわざ銀行やATMに現金を下ろしに行く必要があります。

そういった手間が発生する可能性も考慮し、「キャッシュレス決済に対応しているお店しか利用しない」という方もいるかもしれません。

【店舗側のデメリット】非衛生的

現金は、不特定多数の人が触っているものであり、非衛生的であるという見方もあります。特に衛生面に気を付ける必要がある飲食店では、「現金を触ったら手洗い徹底!」といったルールが決められていることも多く、そのたびに作業がストップ。業務能率の低下にもつながることもあるでしょう。

【店舗側のデメリット】おつりを用意する必要がある

現金決済ではおつりを用意しておく必要があります。いくら自動精算機を導入して精算業務の効率化が実現できたとしても、おつりが不足してしまっては、補充をしたり、ストックの現金がない場合は銀行に両替に行ったりという作業が発生します。
スムーズな精算処理を行い続けるには、多少なりとも人力による作業が発生することは頭に入れておきましょう。

新紙幣・新硬貨発行に向けて

間もなく日本では、新紙幣・新硬貨の発行が予定されています。2021年11月には新500円硬貨が、2024年には新紙幣の発行がそれぞれ予定中。500円玉については、2021年度中に約2億枚もの発行が見込まれています。

自動精算機を現在導入中、あるいはこれから導入予定という場合、新硬貨への対応の準備を進めていく必要があります。
自動精算機を開発・販売しているメーカー側も、新500円硬貨への対応に向けて、商品開発や部材供給体制の整備を進めていますが、実際に各店舗への導入・切り替えにはある程度の時間は要するでしょう。

既存の自動精算機を新硬貨対応へと改造する方法もありますが、中にはそのような改造が難しいタイプもあります。そのような場合は、新しい自動精算機を一から導入する必要も生じるでしょう。
参照元:財務省(https://www.mof.go.jp/policy/currency/bill/20210816.html)

自動精算機はキャッシュレス対応がおすすめ!

現金決済は幅広い人が利用できる決済方法ではありますが、問題点やデメリットも多くあることが実状です。
それらを考慮すると、自動精算機の決済方法においても、キャッシュレス決済への対応がおすすめであると言えます。

キャッシュレス対応のメリット

店舗側のメリット

キャッシュレス決済対応によって精算業務が効率化。現金決済において必要となっていた、おつりの補充や両替といった作業が削減され、業務効率化が期待できます。

また、精算時におけるスタッフのミスの削減や、一元データ化されることで会計管理の正確性も向上するでしょう。

これまで現金でのやり取りによって発生していた時間が削減できるため、その分を別の作業に充てたり、お客さんへの対応に回すことで、生産性・お客さんの満足度向上にもつながるはずです。

お客さん側のメリット

キャッシュレス化が進むにあたって、メインの支払い方法をキャッシュレス決済に切り替えている人々も増えています。わざわざ、お金を下して持ち歩く必要がなくなりますし、スピーディーな精算はお客さんにとってのメリットにもなります。

また、クレジットカードやQR決済ではポイントが溜まったり、キャンペーンを実施していたりすることがあるので、利便性だけでなくお得感と言う意味でもキャッシュレス決済にこだわる人も多いです。

業種に合わせたカスタマイズ機能をもつ
自動精算機会社3選

さまざまな自動精算機の販売会社の中から、店舗の「売上アップ」に寄与する機能に注目。
導入業種の豊富さと顧客満足度を高める機能に注目して導入業種が多く、連動機能が多い3社を紹介します。(2021年4月時点)

スターランド

業種・業態に合わせ機能を自由にカスタマイズ
連動機能 12種

カラオケ業界No1!POSシステムとの連動で施設を省力化

導入業種

  • カラオケ※実績NO1
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
  • 飲食店

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード

アルメックス

長い販売実績から蓄積したノウハウを搭載
連動機能 9種

クリニックの受付から精算、再来受付までトータルでサポート

導入業種

  • クリニック※導入実績多数
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

システムギア

目的別の精算機が2タイプ多彩なカラー数
連動機能 8種

スピードチェックインでホテルフロントの滞在時間を短縮

導入業種

  • ホテル※導入実績多数
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関

キャッシュレス決済

  • クレジットカード

※2021年4月時点 特化した機能と導入実績が多い順 各社公式サイトを参照 編集チーム調べ