人手不足の業界はどこ?理由と対策を解説

ここでは人手不足が深刻化している業界について取り上げ、実態と対策方法についてまとめました。

飲食・サービス業界

業種のなかで、特に人手不足が深刻化しているのが飲食・サービス業界と言われています。その理由の1つが、離職率の高さです。同業界は女性雇用者比率が高く、離職理由が出産・育児が15パーセント以上(※1)を占めていることが主な原因だと考えられています。
※1 参照元:厚生労働省 平成30年雇用動向調査結果の概況

建設業界

建設業界の人手不足は、若者の就職率減少が深く関係していると言われています。体力の消耗だけでなく、危険をともなう仕事でもあること。他の業種とは異なり、賃金が日給で支給されることが多いため、労働時間の割に賃金が低いことが原因であると考えられ、昨今でも問題視されています。

流通・運送・倉庫業界

インターネット通販が普及したことにより、商品の配達や運送の需要が急激に高まったことが原因で流通・運送・倉庫業界は深刻な人手不足に陥ってしまっています。特に、個人宅へ配達するときには「受取人不在」の場合は再配達が必要となり、配達員不足に追い討ちをかけています。

人手不足の課題

上述の通り、サービス業は深刻な人手不足に陥っています。では、その中でも特に離職率が高い温浴とカラオケ業界について、現状はどうなっているのか、またどのようにすれば課題を克服できるのかについて見ていきましょう。

宿泊・飲食サービス業の従業員者数は大きな変動がないのにも変わらない一方で、特に外国人の利用者が増え続けています。深刻な人手不足に陥っている業界であるにも関わらず、離職率が高いこと、待遇面での満足度が低いこともホテル業の課題です。

自動精算機を導入すれば、受付にかかる業務を大幅に削減することができます。省人化した人員を他の部門に回すなどすれば、全体としては大きな負担削減に繋がるでしょう。

カラオケを始めとするサービス業全体として、離職率の高さが深刻な問題となっています。サービス業は女性比率が高いため、育児や出産を機に離職するといった側面もありますが、他の業界に比べて低賃金であることも否めません。

さらに、24時間営業体制を取る店舗も少なくなく、休みが取りづらいのが現状です。自動精算機を導入すれば受付業務の削減につながります。

また、自動入店やセルフオーダー機能と連動させることにより、さらに効率的な職場環境になることに期待ができます。

飲食業界はシフトなどによって不規則な労働環境となっていること、業務内容の多さからのストレスにより安定した人員確保が難しく、人手不足に陥っている店舗がほとんどです。給与の面でも、他の業界と比べて低い点も人手不足につながっているといえるでしょう。
人手不足を解消するためには福利厚生の充実といった従業員への待遇を変えていくことも必要ですが、今すぐに人手不足を解消したいという場合は、自動精算機を導入することも視野に入れると良いでしょう。精算に人員を割くことがなくなるので、その分ほかの業務に配置することもでき、人手不足解消につなげることが期待できます。

クリニックをはじめとする医療業界の業務は命や健康に関係するため、医師や看護師は緊張感の高い仕事だと言えるでしょう。人手不足であれば、看護師が医療事務や会計や受付を行わなければなりません。会計作業もお金が関係するのでプレッシャーにさらされます。
人手不足を解消する対策のひとつに、自動精算機が挙げられるでしょう。患者それぞれ会計業務ができるため、会計の待ち時間が少なくなり、スタッフは他の業務を行えます。人気が出て労働環境もよくなれば、給与にも反映できる人手不足の解消が期待できるのです。

利用者のニーズに応えて幅広い業務を担っているコンビニ。消費者にとっては便利ですが、その労働環境は深刻な人手不足に陥っています。ただでさえ業務内容が多いことに加え、24時間営業という労働時間の長さもオーナーを苦しめていた要因の一つです。最近では、24時間営業を見直す流れがコンビニ業界のなかでも生まれてきましたが、それでも人手不足という問題の解決には未だ至っていません。
そのような問題を解決するために、昨今、省人化を図ることが重視されています。セルフレジの導入や新しいレジシステムの導入など、人員をなるべく削減して営業を行う体制が重視され、コンビニ業界の人手不足解消に期待が集まっています。
この記事では、コンビニの人手不足の原因を説明し、自動精算機を活用した解決方法について解説しています。

少子高齢化や労働条件があまり恵まれていないことなどが原因となり、小売業界においても人手不足は大きな問題となっています。小売業界では、賃金の低さに対して労働時間が長かったり、休暇を取りづらいといった労働条件が影響し、人材確保だけでなく転職等による人材流出も進んでいることが実状です。
ここでは、小売業界の人手不足の原因とその対策について紹介。スタッフの雇用形態の見直しや労働環境の整備など、考えられる対策はいくつかあります。ぜひ参考にしてみてください。

人手不足の改善策

さらなる少子高齢化が進むと予想される日本。労働可能人口が減少を続けていくなか、さまざまな業界で人手不足の問題は生じています。その中でも、特に中小企業における状況は深刻だと言えるでしょう。
この現状を打開するための改善策にはどのようなものがあるでしょうか。いくつかの例を紹介していきます。

従業員の待遇改善

必要な人手を確保するためには、従業員の待遇の良し悪しが重要なポイントになります。現在働いている従業員の離職を防ぐためにも、そして求職者に魅力を感じてもらえるようにするためにも、待遇の見直しや改善を検討することは有効な方法だと言えるでしょう。

従業員の待遇改善においては、給料・ボーナス・有休消化率の引き上げや、年間休日数の増加、あるいは福利厚生の充実を図るといった工夫が効果的でしょう。企業独自でユニークな待遇制度を設けているところも多く、従業員にとって嬉しい待遇を用意することは、結果として店舗・企業にとってもメリットにつながっていくことでしょう。

労働環境の改善

賃金や福利厚生を充実させても、労働環境に問題があっては従業員の離職率低下や採用増加へとつなげることは難しいでしょう。労働環境は待遇に関する規定とは異なり、明文化が難しい側面もありますが、人手不足の解消に向けて、ぜひとも見直しを図っていきたい部分です。
従業員情報のセキュリティ管理や評価制度、人間関係、社風などに問題があれば適宜見直し・改善を図り、従業員が不安を感じずに働ける労働環境づくりを目指していくことが大切です。

人材育成への注力

従業員への教育環境が充分に整備されている企業は、それほど多くないのが現状です。しかし、人材育成への注力も人手不足の問題解消への大きなポイントになります。
人手不足の解消のために新たな人材を採用するとなると、その都度採用コストがかかってしまいます。しかし、従業員のスキル向上を図ることで既存の人員でさらなる生産性を高めることができ、余分なコストをかけずに問題解消へと近づけるようになります。

女性・シニア層の積極的な採用

かつては、15歳から64歳までの男性を主な生産年齢人口として見なしてきた傾向がありました。しかし現在では、女性やシニア層といった人材を積極的に採用する企業も増えており、より多くの人々が仕事において活躍しやすい環境が広がってきていると言えます。

求職者の間口を広げることで、その分より多くの人材を採用できる見込みが立ち、人手不足の改善にもつながっていくでしょう。
また、女性やシニア層の採用によって社内に多様性が生まれ、今までにはなかったようなアイディアから問題解決へと向かうといったこともあり、企業の成長促進という意味でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

障がい者雇用の推進

女性やシニア層の採用だけでなく、近年は障がい者の方を積極的に雇用する企業・店舗も増えてきています。業種や業務内容によっては、障がいを持つ方でも問題なくこなせる仕事もあり、貴重な労働力として、健常者と変わらずに働かれている方も多くいます。

障がいを持つ方を積極的に雇用することで、人手不足の解消が見込めるだけでなく、社会貢献として企業のイメージアップにもつながります。

外国人雇用の推進

人手不足の解消だけでなく、企業のグローバル化としてもメリットを見込めるのが「外国人雇用」。国内の在留外国人は増加傾向にあり、日本で働く外国人の姿もよく見かけるようになりました。
「言語」という壁はありますが、日本語を学んでいる外国人であれば、接客に使用する日本語などをレクチャーすれば問題なく仕事をこなせることも多く、今では外国人の手も貴重な労働力となっています。

また、インバウンドの影響を受けて外国人観光客への接客機会も増えているなかで、外国語を話せるスタッフの需要は高く、その点においても外国人を雇用するメリットは高まりを見せていると言えるでしょう。

ツールの導入

従業員への待遇改善や積極的な人材採用は、人手不足の問題解消に大きな期待が見込める一方、採用コストや教育の時間がある程度かかってしまうことは事実です。なるべく既存の人員を活かして現状の問題改善を図るには、業務を効率化できるツール類の導入を考えることもおすすめです。

小売店や飲食店をはじめ、お客さんとの接客業務がある店舗においては、自動精算機の導入が人手不足の改善に大きな貢献を果たしてくれます。会計業務全般を効率的にこなせるようになり、生産性の向上が期待できるだけでなく、人為的なミス削減にもつながります。
これまで人の手にかかっていたさまざまな業務を機械によって効率化できるようになるため、その分の時間を別の作業に充てられたり、サービスの向上につなげられるようになったりと、人手不足の解消からさまざまな恩恵を受けられるようになるでしょう。

人手不足を解消!
業種・業態に合う
自動精算機会社を3社厳選
業種に合わせたカスタマイズ機能をもつ
自動精算機会社3選

さまざまな自動精算機の販売会社の中から、店舗の「売上アップ」に寄与する機能に注目。
導入業種の豊富さと顧客満足度を高める機能に注目して導入業種が多く、連動機能が多い3社を紹介します。(2021年4月時点)

スターランド

業種・業態に合わせ機能を自由にカスタマイズ
連動機能 12種

カラオケ業界No1!POSシステムとの連動で施設を省力化

導入業種

  • カラオケ※実績NO1
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
  • 飲食店

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード

アルメックス

長い販売実績から蓄積したノウハウを搭載
連動機能 9種

クリニックの受付から精算、再来受付までトータルでサポート

導入業種

  • クリニック※導入実績多数
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

システムギア

目的別の精算機が2タイプ多彩なカラー数
連動機能 8種

スピードチェックインでホテルフロントの滞在時間を短縮

導入業種

  • ホテル※導入実績多数
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関

キャッシュレス決済

  • クレジットカード

※2021年4月時点 特化した機能と導入実績が多い順 各社公式サイトを参照 編集チーム調べ