多店舗経営に取り組むメリット・デメリット

多店舗経営のメリット

売上が増える

多店舗経営によって店舗数が増えると、売上もそれだけ上がりやすくなるというメリットがあります。当然ながら全店舗が同じ売上を出せるわけではないものの、会社全体で目指せる売上の上限を引き上げられるのは多店舗経営ならではのメリットと言えるでしょう。

コストダウンに繋がる

大量購入は一般的に値引きの対象となるため、複数の店舗で商品を一括で仕入れることができれば仕入れ単価を下げることができます。また、求人業務を一括で行ったり、マニュアルを統一したりすることでもコスト削減につながり、業務の効率化を図れるメリットもあり。ただ、多店舗経営によって事業規模が大きくなると支払う総額は大きくなるため、全体的な投資コストを考えたうえで検討する必要があります。

認知度が上がる

特定の商圏で多店舗展開を行うことで、その地域に住んでいる顧客の目にとまりやすくなり、認知度を高められるメリットがあります。一定のエリアに集中して出店する作戦を「ドミナント戦略」と言い、コンビニチェーン店が多く取り入れている手法です。ドミナント戦略は集中的な出店で地域の顧客シェアを独占して、競合他社の入りこむ余地をなくすことを目的としています。

ドミナント戦略によってその地域におけるブランディングを強化でき、認知度や集客力を高められるのは多店舗展開だからこそできる手法です。

リスクを分散できる

1店舗のみの経営だと、周辺環境の変化や設備トラブルなどによる休業といった不測の事態の影響を大きく受けやすく、経営難による倒産のリスクが高くなります。多店舗経営なら1つの店舗が赤字になったとしても、ほかの店舗の売上でカバーすることが可能。リスクを分散できるほか、業績の良い店舗と悪い店舗を比較・分析することで、改善を図れるメリットもあります。

多店舗経営のデメリット

出店コストがかかる

新たに店舗を出店するとなると、物件の取得費用や什器・備品費用、スタッフの教育費など多額のコストが必要です。こうした初期費用はオープンしてすぐに回収できるものではないので、出店前に入念な資金計画を行っておかないと、資金繰りがうまくいかずに本店の経営にも影響を及ぼす可能性があります。

管理コストがかかる

多店舗を経営するとなると、賃料や設備費、人件費、仕入れ費用、税金などの全体の経費が増加します。さらに多店舗経営にあたって倉庫拠点を設ける場合は、倉庫や在庫を管理するためのコストが発生するほか、各店舗に分配する手間も考慮しないといけません。また、店舗によって従業員数や商品の種類、仕入れ数、顧客なども変わってくるので、経営管理も複雑になりがちです。

多店舗経営で増えた経費をいかに減らすかが問題となってきます。

多店舗展開のポイント

マニュアルを用意する

多店舗経営を成功させるためのポイントの1つとして、マニュアルの整備があげられます。マニュアルなしで店舗責任者に経営を任せた場合、店舗の売上や利益率が店舗責任者の経営方針に依存してしまいかねません。店舗によって経営方針がブレてしまうことは多店舗経営においてリスクがかなり高いため、統一化されたマニュアルを用意しておくことが大切です。

また、作成したマニュアルは、必要なときにいつでも確認できるようにしておきましょう。統一化されたマニュアルを用意しておくことで、多店舗経営でもサービスの品質を一定に保ちやすくなります。

出店地域に合ったサービスを提供する

統一化されたマニュアルでサービスの品質を一定に保つことも大切ですが、そのうえで出店地域に合った運営を心がけることも多店舗経営を成功させるポイントです。出店地域に合ったサービスを提供するには、地域の特性や需要を把握した人員の配置が必要になってきます。地元出身のスタッフを雇用したり、地域の需要を経営に反映させる手腕を持ったマネージャーを育成したりなどの対策が求められます。

多店舗経営を成功させるには入念な計画や準備が必須

多店舗経営には、売上の増加や認知度の向上、コストダウンにつながるなどのメリットがある一方で、高額な出店コストや管理コストが発生するというデメリットもあります。出店後に資金繰りが悪化しないように、入念な資金計画やマニュアルの整備などの準備が必須です。そうした労力や出店・管理コストがかかることを考慮したうえで、多店舗展開を行うかどうか検討しましょう。

売上の増加を図るのが目的であれば、自動精算機を導入するという方法もあります。自動精算機によって業務の効率化を図ることで、業務の改善や売上アップにつなげることが可能に。また、早い段階から導入することで、他店舗との差別化を図れるメリットもあります。

業種に合わせたカスタマイズ機能をもつ
自動精算機会社3選

さまざまな自動精算機の販売会社の中から、店舗の「売上アップ」に寄与する機能に注目。
導入業種の豊富さと顧客満足度を高める機能に注目して導入業種が多く、連動機能が多い3社を紹介します。(2021年4月時点)

スターランド

業種・業態に合わせ機能を自由にカスタマイズ
連動機能 12種

カラオケ業界No1!POSシステムとの連動で施設を省力化

導入業種

  • カラオケ※実績NO1
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
  • 飲食店

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード

アルメックス

長い販売実績から蓄積したノウハウを搭載
連動機能 9種

クリニックの受付から精算、再来受付までトータルでサポート

導入業種

  • クリニック※導入実績多数
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

システムギア

目的別の精算機が2タイプ多彩なカラー数
連動機能 8種

スピードチェックインでホテルフロントの滞在時間を短縮

導入業種

  • ホテル※導入実績多数
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関

キャッシュレス決済

  • クレジットカード

※2021年4月時点 特化した機能と導入実績が多い順 各社公式サイトを参照 編集チーム調べ