従業員が定着しない

従業員がなかなか定着しないことには、いくつかの原因があります。ここでは、原因と対応策について解説しています。

従業員が定着しない原因

店舗の従業員がなかなか定着しないという問題の主な原因として、次のようなものが挙げられます。

人間関係が悪い

職場の人間関係や雰囲気は、従業員のモチベーションに強く影響します。人間関係が良好とはとてもいえないような状態だと、どうしても職場までの足取りが重くなってゆき、最終的には離職につながりかねません。逆に、仕事内容がややハードなときがあっても、人間関係さえうまくいっていれば、やる気を維持できるものです。

シフトの融通が利かない

職場のシフトの融通が利かないことも、従業員にとってはかなりのマイナス要素になっています。特に、主婦や学生の場合、仕事と自分の予定が両立するような形で仕事を続けていきたいと考えているはずです。ですから、シフトの変更を相談したときに、あまりにも勤務時間の調整が難しいようだと、それがきっかけとなって辞めたいという気持ちが生じてしまう可能性もあるでしょう。

求人内容のミスマッチ

求人情報やWebに掲載した情報や面接で伝えた業務内容と、実際に任せる業務内容があまりにちがうと、これも従業員が定着しない原因となってしまいます。もちろん、従業員側もときには求人内容と異なる業務にも対応しなくてはならないかもしれないということは想定しているでしょう。けれども、その状況がずっと続くようでは、納得がいかず、ストレスが溜まって知ってしまうのも無理はありません。

人手不足が大きな原因となっている

従業員が定着しない原因を3つ挙げましたが、実はそれらは、もともと「人手不足」から発生している場合が多いとされています。

まず、人間関係が悪いという原因についてですが、これは人手不足で、皆がゆとりを失いギスギスしてししまっている状態です。シフトの融通がきかないという原因についても、人手が足りないため、シフトに柔軟性をもたせることはおろか、連勤でなんとかまわさねばならなくなっている状態だといえます。

最後に、求人内容のミスマッチという原因についても、人手が足りているなら可能な限り従業員の希望に沿った業務を割り当てることができるでしょう。また、突然の休みや退職により普段と違う業務をお願いすることもありません。雇用のミスマッチが起こるのは、人手不足がおおもとの原因なのです。

定着しない従業員の特徴

従業員が定着しないという問題は、人手不足による店舗側の対応不足も原因のひとつとなっているのは事実。しかし、従業員個人に原因がある場合も中にはあります。特に、次のような問題がある従業員は、なかなか店舗に定着するのは難しいようです。

うまく職場に馴染めない人

職場の人に話しかけるのが苦手な人や、その職場の業務の進め方に慣れることができない人などは、やはり浮いた存在になってしまいます。職場になじめないため、やる気をアップさせることは難しいでしょう。そうなると、人間関係もあまりうまくいかず、職場を辞めたいという思いにつながってしまいます。

ミスが多い人

業務上のミスがひんぱんだと、本人が「ほかの従業員のあしをひっぱってしまっているのではないか」「みんなの迷惑になっている」といった不安から、職場を辞めたくなることもあります。あるいはミスするたびに注意されるので、やる気を保てなくなってしまう場合もあります。研修に充分な時間を割くゆとりがない職場だと、従業員にやる気があっても、ミスの多さを改善するのは難しいかもしれません。

従業員を定着させるための
解決法

ただでさえ人手不足という問題を抱えているのに、従業員が定着しないとなると、その問題はより深刻になります。では、従業員を少しでも長く定着させるためには、どのような解決法で対応していけばよいのでしょうか。ぜひおさえておきたい3つの解決法は、次のとおりです。

人間関係の改善

職場の風通しが悪いと、人間関係の改善ははかれません。まずは、上司という立場にある人たちの意識改革が必要となります。気軽に話ができるような雰囲気づくりにつとめ、充分なコミュニケーションをとれるような職場にしていきます。

働きやすい環境整備

従業員が働きにくさを感じることがなく、従って定着率の高い働きやすい環境づくりも大切です。特に、シフトの柔軟性はできる限り実現したいところ。従業員が定着すれば、人手不足の解消につながるため、要望にはできるだけ沿ってシフトを調整するといった対応も可能になります。

教育・育成体制に力を入れる

忙しい状況ではあっても、勤務初日の従業員に「業務は見ておぼえてください」といったような対応をとらないように、気をつけたいところです。不安を抱かせる原因となってしまうからです。しっかりと研修や教育をすることで、従業員のモチベーションを高めていくようにしましょう。

自動精算機の導入で
働きやすさ改善

上述のような解決法はもちろん重要ですが、それらを実施していくには、相当の時間がかかるのも事実です。従業員が定着しない問題の根本的な原因となっている「人手不足」への優先的な対処法として、自動精算機をはじめとするツールの導入を検討してみるのもひとつの方法だといえます。こういったツールは、業務の効率化だけでなく、ミス削減などに大きく貢献するため、仕事に不慣れな新人であっても、比較的スムーズに業務内容をおぼえることができます。ストレスの少ない職場環境の実現につながるでしょう。

業種に合わせたカスタマイズ機能をもつ
自動精算機会社3選

さまざまな自動精算機の販売会社の中から、店舗の「売上アップ」に寄与する機能に注目。
導入業種の豊富さと顧客満足度を高める機能に注目して導入業種が多く、連動機能が多い3社を紹介します。(2021年4月時点)

スターランド

業種・業態に合わせ機能を自由にカスタマイズ
連動機能 12種

カラオケ業界No1!POSシステムとの連動で施設を省力化

導入業種

  • カラオケ※実績NO1
  • アミューズメント施設
  • キッズ施設
  • 駐車場施設
  • 温浴施設
  • サウナ施設
  • 宿泊施設
  • ネットカフェ
  • 飲食店

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • デビットカード
  • 銀聯カード
  • QRコード

アルメックス

長い販売実績から蓄積したノウハウを搭載
連動機能 9種

クリニックの受付から精算、再来受付までトータルでサポート

導入業種

  • クリニック※導入実績多数
  • 調剤薬局
  • 動物病院
  • レジャーホテル
  • ホテル
  • 飲食店
  • ゴルフ場

キャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

システムギア

目的別の精算機が2タイプ多彩なカラー数
連動機能 8種

スピードチェックインでホテルフロントの滞在時間を短縮

導入業種

  • ホテル※導入実績多数
  • フィットネスクラブ
  • ゴルフ場
  • 大学
  • 図書館
  • クリニック
  • 金融機関

キャッシュレス決済

  • クレジットカード

※2021年4月時点 特化した機能と導入実績が多い順 各社公式サイトを参照 編集チーム調べ